「35歳を過ぎると白髪が始まる」ってよく聞きますよね。

しかし、20代後半と早くから白髪が始まる人もいれば、40代になっても白髪がほとんどない人だっています。

また同じ50代でも、白髪だらけの人もいれば、白髪がほとんどない人だっています。

この格差は何が原因なのでしょうか?

 

そこのところが気になったので、どういう原因があるのか調べてみました。

白髪が生える3つの原因とは?

  1. 遺伝や老化
  2. ストレス
  3. 栄養不足

以上の5つが、健康体であること前提で、白髪になる大きな原因だと考えられます。

遺伝や老化はどうしようもない

数ある白髪の原因において、遺伝や老化は自然の摂理なので本当にどうしようもありません。

もともと髪の毛の色は白色なのですが、髪の色素を作るメラノサイトが髪を黒くしてくれるのです。

しかし、そのメラノサイトが衰えると髪が黒くなりません・・。

現在のところ、他の要素でカバーするしかありませんが、そのやり方次第では白髪を大幅に減らせる可能性があります。

ストレスを減らせば白髪が改善する?

仕事・人間関係・妊娠や出産・育児・不規則な生活など、日常生活においてストレスは不可避でしょう。

しかも、ストレスが溜まって喫煙や飲酒に走ると、余計に白髪が増えるという統計もあるそうです。

ストレスを完全になくすことは出来なくても、我慢できる範囲内までストレスを減らせば、メラノサイトが活性化して白髪の改善も期待できます!

  1. 買い物をする
  2. 好きなものを食べる
  3. 映画を見る
  4. ライブ鑑賞
  5. 旅行する
  6. カラオケにいく

女性がストレスを発散するのに行っていることを統計すると、買い物から順に6つほどの意見が多数を占めたそうです。

男性の場合だと、ゴルフや釣りなどの趣味も多いようです。

髪の栄養を補えば白髪が改善できる?

メラノサイトが髪の色を作っているのですが、メラノサイトを活性化させるには、ビオチン(ビタミンB12)・ゴマリグナン・ポリフェノール・黒ウコン・アルギン酸などの栄養素が必要です。

これらはチーズなどの乳製品や豆類を摂ることで補えます。

しかし、これらの食品に含まれている栄養素はそんなに多くないので、これだけで補うには相当な量が必要になります。

そこで、ビオチンなど髪の栄養に必要な栄養素を、より効率よく摂取できるサプリを自分で試してみました。

で、髪の色がどうなったのか?は「黒椿というサプリを使ってみた結果」をご覧ください!